飲食店独立開業の一連の流れ

飲食店独立開業の一連の流れ

群馬県で飲食店独立・開業をしたい!と考えている方は非常に多いかと思います。ここでは一般的な飲食店の開業までの流れを紹介します。
飲食店を開業するにはまずは何をするのか?イメージを持ちましょう。

飲食店の店舗コンセプトの作り方

 飲食店で独立したい!という気持ちが本気になったら、まずやることとしてどんなお店を開くのか、という店舗コンセプトを決定することです。
 なぜなら店舗コンセプトに基づき事業計画や収支計画を立てていくことになりますので、後の工程に最も影響を与えることになります。まずは純粋な興味や好きな食べ物好きなお店をイメージして少しずつ店舗コンセプトを明確にしていきましょう。

▶︎飲食店の店舗コンセプトの作り方

飲食店ターゲットの決め方

店舗コンセプトが決定したら、そのお店の狙う顧客層は誰になるかを考えましょう。大切なのは店舗コンセプトをふまえた上で考えること。店舗コンセプトを検討した時点でほぼ決定されていることかと思いますがターゲット顧客層を明確にすることでどのような販売促進策やメニュー構成、価格設定にするかが決まってきますので大切な作業になります。

立地

まずはおおまかに、どの地域で飲食店を開業するのか検討しましょう。立地によっては店舗コンセプトとのミスマッチや想定よりターゲット顧客の数が少なく需要がなかったということも起こりかねません。また立地により家賃等も大幅に変わってきますので早い段階で決定しておくことが大切でしょう。

メニュー構成

ここまで決まったら次はどんなメニューにするかを検討していく段階です。店舗コンセプトとターゲット顧客層をふまえた上でメニューを考えてください。必要以上にメニューの数を増やすと、オペレーション効率の悪化や在庫増になりコストがかかります。

物件調査

上記をふまえて物件の調査を開始しましょう。どのくらいのコストがかかるかを把握することで、事業計画や収支計画の作成が明確になります。

事業計画書作成

これまでの構想を一つの書類にまとめてください。その上で収支計画と借入をふまえた資金計画を、事業計画書の中で作成していきます。

店舗取得

それでは実際に店舗を取得しましょう。計画書はあくまで計画書。100%それ通りにいくわけではありません。しかし、できる限り計画書通りの予算で賃貸契約し、開業準備を進めましょう。

資金調達

銀行以外にも公庫や中小企業基盤整備機構から融資制度があります。一般の銀行からの借り入れに比べ利息が低く設定されているため積極的に活用しましょう。

店舗設計施工

業者を入れて店舗施工を開始します。コンセプトを明確に伝え失敗のないように注意しましょう。

食材・メニュー決定

食材・メニューの最終決定です。仕入れ先との契約もこの段階でしっかり行いましょう。

お酒の仕入れ

酒屋は豊富な種類のお酒の他、ジュース等の配達、ビールサーバーの調整等も行っております。酒の仕入れには飲食店経営の良きパートナー群馬県太田市のマサモト商店へご連絡ください。

▶︎お酒の仕入れ

保健所届け出

保健所へ届け出を出しましょう。これで開業準備はすべて完了です。
開業後は日々計画とのズレや課題解決につとめ売上をあげていきましょう。

関連記事

  1. 飲食店における店舗コンセプトの作り方 飲食店の店舗コンセプトの作り方
  2.  飲食店開業時の酒の仕入れ方 群馬県で飲食店開業時のお酒・ドリンクの仕入れ方
  3. 飲食店のターゲットの決め方 飲食店のターゲットの決め方
  4. 飲食店開業時にも使える!補助金(助成金)や融資制度の比較紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アルバイト募集!

PAGE TOP